誹謗中傷対策弁護士ナビネット誹謗中傷などでお困りの方をサポート!

掲示板など、ネット上の誹謗中傷や個人情報等の削除依頼、
書き込み者の特定、発信者情報開示請求、損害賠償請求なら
弁護士に全面的にお任せください。

お問い合わせ

Yahoo!知恵袋の誹謗中傷・風評被害は解決出来ます!

Yahoo!知恵袋の投稿の削除・投稿者の特定は難易度が高く難しい!
経験豊富な専門弁護士に依頼するのがおすすめです!

Yahoo!知恵袋にネガティブな情報を書かれると、
その影響は非常に大きいと言えます。

なぜ?

  • Yahoo!知恵袋のドメインは非常に強いため、大抵のキーワードで検索した際に
    知恵袋での質問や回答が検索上位に表示されることが多い。
  • まとめサイト等でも転載・引用されることが多く、多くの人の目に触れてしまう。

Yahoo!知恵袋の誹謗中傷・風評被害は、個人だけではなく
企業が被害にあうことも少なくありません!

最近では、企業の評判やサービスについて、ネットで検索する
消費者や就職活動者が増えてきています。
検索した際、まず目にするのは、検索結果上位に表示される
情報であり、そこにネガティブな内容が書かれていると、真実か
どうかに関わらず、マイナスの印象を与えてしまいます。

最近では、企業の評判やサービスについて、ネットで検索する消費者や
就職活動者が増えてきています。
検索した際、まず目にするのは、検索結果上位に表示される情報であり、
そこにネガティブな内容が書かれていると、真実かどうかに関わらず、
マイナスの印象を与えてしまいます。

Yahoo!知恵袋の投稿の削除が難しい理由

Yahoo!知恵袋では、質問に対する回答が締め切られると、
原則として質問者自身も投稿(質問)を削除できなくなります。
よって、投稿の削除が非常に難しくなり、また、ネガティブな情報やプライバシーに
関する内容が投稿された場合でも、すぐには削除できなくなってしまい、被害を
拡大させてしまう恐れがあります。

Yahoo!知恵袋の投稿を削除したい場合

Yahoo!知恵袋の削除方法は
質問のステータスによって変わります

  • 回答受付中
    質問すると7日間は受付中になります。
    質問中期間であっても、質問者がベスト
    アンサーを決めると「解決済み」になります。
    回答受付中は、質問者が削除する
    権利をもっています。
    質問者が削除できる
  • 解決済み
    7日間が過ぎ「解決済み」になった
    質問記事の著作権は、CYahoo!側に移るため、
    質問者であっても削除することが出来ません。
    また、質問者がアカウントを
    削除しても投稿は削除されません。
    質問者でも削除できない

Yahoo!知恵袋の場合
まずは自分で削除申請ができます!

誹謗中傷を受けた個人・法人がまず出来ることは、記事内に設置されている
違反報告をクリックして対応をみることです。

キャプチャ

問題があると判定された場合、1週間程度でYahoo!側が
削除してくれます。

しかし、違反報告を行なったからといって、必ず削除されるわけではありません。
Yahoo!側が「知恵袋のガイドラインに反している」と判断しなければ削除はされません。
特に、企業や製品に対するネガティブな情報は、真実かどうかをYahoo!側が判断するのは難しいため、すぐには削除されない場合が多いです。

画像

違反報告で削除できない場合は、弁護士へ
相談することをおすすめします!

Yahoo!知恵袋の投稿に対する法的な削除方法

書面で請求権利侵害の内容をしっかりと書面に記載する必要あり

ネット上の投稿が、誹謗中傷として個人や企業の権利を侵害するものかどうかという
判断は法的な知識をC必要とするため、弁護士が作成してしっかりと説明することで、
削除される可能性は高くなります。

投稿者の特定

知恵袋における誹謗中傷や名誉毀損にあたる書き込み内容の程度によっては、
投稿の削除だけでなく、損害賠償を求める場合もあると思います。

その場合
投稿者を特定することが必要
になります!

プロバイダ責任制限法に基づき、サイトの運営者であるヤフー株式会社に対し、
投稿者のIPアドレス等の開示を請求します。
IPアドレスが判明した後は、投稿者が利用しているプロバイダに対し、投稿者の
住所や氏名について開示請求を行います。

投稿者を特定する発信者情報開示のためには、裁判所の仮処分をとる必要が
あるため、専門の弁護士に任せた方が早く発信者に辿り着くことができます。

投稿者の氏名等が判明した後は、投稿者に対する損害賠償請求の訴訟、または
示談交渉
になります!

削除までのスピード

早期解決が出来る!

解決済みの質問を削除する場合、ネット被害に詳しい経験豊富な専門弁護士に任せた方が早く解決できます。
特に企業イメージやサービスへ悪影響を及ぼす場合は、被害拡大を防ぐために、弁護士に相談することをおすすめします。

解決済みの質問を削除する場合、ネット被害に詳しい経験豊富な専門弁護士に任せた
方が早く解決できます。
特に企業イメージやサービスへ悪影響を及ぼす場合は、被害拡大を防ぐために、
弁護士に相談することをおすすめします。

投稿者の特定が出来る

弁護士に依頼した場合、発信者情報開示請求による 情報開示の請求等ができます!
裁判所に仮処分を申し立てて、発信者情報開示命令を出してもらえた場合は、プロバイダに対しても発信者情報開示請求ができるため、投稿者の特定ができます。

弁護士に依頼した場合、発信者情報開示請求による 情報開示の請求等ができます!
裁判所に仮処分を申し立てて、発信者情報開示命令を出してもらえた場合は、
プロバイダに対しても発信者情報開示請求ができるため、投稿者の特定ができます。

解決への見通しがたつ

経験のない方がご自身でご対応した場合、どれだけ時間がかかるのか見通しがたちませんが、弁護士に依頼すれば、いつまでに解決できるかおおよその見通しがたつため、不安が軽減します。

経験のない方がご自身でご対応した場合、どれだけ時間がかかるのか見通しがたち
ませんが、弁護士に依頼すれば、いつまでに解決できるかおおよその見通しがたつ
ため、不安が軽減します。