誹謗中傷対策弁護士ナビネット誹謗中傷などでお困りの方をサポート!

掲示板など、ネット上の誹謗中傷や個人情報等の削除依頼、
書き込み者の特定、発信者情報開示請求、損害賠償請求なら
弁護士に全面的にお任せください。

お問い合わせ

転職会議のの誹謗中傷・風評被害は解決出来ます!

転職会議の投稿の削除・投稿者の特定は難易度が高く難しい!経験豊富な専門弁護士に依頼するのがおすすめです!

転職会議で、自社がブラック企業であるような書き込みを発見すると、
企業側としては、売上や商品イメージ、採用に影響が出るのでは?と心配になるため、
すぐにでも削除依頼を行いたくなると思います。

ですが、転職会議の削除依頼が受理されるのは

転職会議のガイドラインによると、
成功した割合はわずか0.05%という相当な難易度です!

しかし削除する方法が全く無いわけではありません

転職会議のガイドラインには、下記のように書かれています。

ご本人様以外からの請求については、転職会議がその投稿の法令・転職会議利用規約への
抵触を確認できない限り、すべてお断りしております。

転職会議は下記回答もしており、
根拠を明示すれば削除は可能ということです。

運営の中立性を保つため、情報の違法性とその根拠を
明示しない削除請求は受け付けることができない

削除が可能な根拠・理由とは?

転職会議の利用規約の「禁止行為」によると

※転職会議の利用規約より一部抜粋

  • 自分、他のユーザーまたは第三者に関する虚偽の情報を提供、公開する行為
  • 他のユーザー、第三者を誹謗中傷する行為
  • 他のユーザー、第三者の著作権、商標権その他の権利を侵害する行為
  • 他のユーザー、第三者の財産、名誉、プライバシー、肖像権等を毀損または侵害する行為
  • 本サービスの利用によって得た情報をみだりに第三者へ公開する等、本サイトのサービス
    運営を妨げる行為や弊社の信用を毀損する、またはそのおそれがある行為
  • 公序良俗、法律、法令に反する行為
  • 政治活動や宗教活動、またはそれらに類似する行為
  • 他者への不当な差別を助長し、その名誉もしくは信用を毀損する行為
  • ユーザー自身以外の人物を名乗ったり、代表権や代理権がないにもかかわらずあるものと
    装ったり、他の人物や組織と提携・協力関係にあると偽って本サービスを利用する行為
  • 法令、公序良俗または本利用規約、その他の利用規約等に違反し、または他者の権利を
    侵害すると弊社が判断する行為
  • 民族、人種、性別、年齢等による差別につながる表現を掲載する行為
以上の行為があると弊社(転職会議)が認めた場合、
状況を判断した上で掲載情報の変更・削除を含めた
しかるべき処置をとります。と、記載されております。

上記の規約や法律を違反していれば、
削除に応じてもらえるということになります。

転職会議で削除したい場合の対処法

転職会議に削除依頼をする
該当する投稿の違法性や、誹謗中傷の対象になる根拠となる資料
提出することが必要
根拠を強く主張できる具体的な資料を集めなければならないため、
専門的な知識がないと難易度はかなり高いです。
投稿者を特定する
弁護士への依頼が必要
弁護士に依頼した場合、プロバイダ責任制限法に基づいた
発信者情報開示請求による転職会議やプロバイダへの
情報開示の請求等ができます!
※弁護士ではなく、代理で上記を行う業者がいた場合、弁護士法に違反しているため
ご注意ください。

弁護士に依頼した場合のメリット

削除までのスピード

企業や商品のイメージへの影響を極力抑えるようにするためには、スピードが大切です
削除までの対応が早いほど、拡散する可能性が減るため、迅速に対応することが出来る専門の弁護士にご相談されることをおすすめします。

投稿者の特定が出来る

弁護士に依頼した場合、発信者情報開示請求による 情報開示の請求等ができます!
裁判所に仮処分を申し立てて、発信者情報開示命令を出してもらえた場合は、プロバイダに対しても発信者情報開示請求ができるため、投稿者の特定ができます。

弁護士に依頼した場合、発信者情報開示請求による 情報開示の請求等ができます!
裁判所に仮処分を申し立てて、発信者情報開示命令を出してもらえた場合は、
プロバイダに対しても発信者情報開示請求ができるため、投稿者の特定ができます。

トラブルの回避

転職会議の場合、無防備な削除依頼をすると解決が困難となってしまう場合があります。
また、対策業者への依頼はたいへん危険です。
(弁護士以外の業者が代理で削除請求を行うことは弁護士法によって禁止されています。)

解決への見通しがたつ

経験のない方がご自身でご対応した場合、どれだけ時間がかかるのか見通しがたちませんが、弁護士に依頼すれば、いつまでに解決できるかおおよその見通しがたつため、不安が軽減します。