誹謗中傷対策弁護士ナビネット誹謗中傷などでお困りの方をサポート!

掲示板など、ネット上の誹謗中傷や個人情報等の削除依頼、
書き込み者の特定、発信者情報開示請求、損害賠償請求なら
弁護士に全面的にお任せください。

お問い合わせ

爆サイの誹謗中傷・風評被害は解決できます!

爆サイ.comの投稿の削除・投稿者の特定は注意が必要!

近年増えてきている「獏サイ.com」の誹謗中傷問題

爆サイ.com(通称:バクサイ)は、2チャンネルに
次いで利用者が多く、掲示板上での誹謗中傷問題が
近年増加してきています。

爆サイ.comの影響力とリスク

爆サイは地域に紐づいた内容で掲示板が展開されて
いるため、顔や名前も知っている地元の方や、身近な
人物が閲覧している可能性が高い傾向
にあります。
爆サイで悪い噂を流された場合、地元に悪評が広まって
しまうというリスクがあります。

爆サイ.comの誹謗中傷の特徴

  • ■ ローカルな地域ネタを話題にするスレッドが多いため、比較的狭いコミュニティ内での個人・法人の誹謗中傷やプライバシーを侵害する投稿被害が多い。
  • ■ キャバクラや風俗等など、水商売に関するスレッドも多いため、特定の店で働いている方の実名や住所等の個人情報を晒したり、誹謗中傷したりする事例が多い。
  • ■ ローカルな地域ネタを話題にするスレッドが多いため、比較的狭いコミュニティ内での
      個人・法人の誹謗中傷やプライバシーを侵害する投稿被害が多い。
  • ■ キャバクラや風俗等など、水商売に関するスレッドも多いため、特定の店で働いている方の
      実名や住所等の個人情報を晒したり
    、誹謗中傷したりする事例が多い。

地域の話題に特化しているため、その地域に住んでいる「人」や「店舗」などについて書き込みをされていることが多く、「人」や「場所」をかなり特定した状態で、誹謗中傷される投稿が多いです!

地域の話題に特化しているため、その地域に住んでいる「人」や「店舗」などについて
書き込みをされていることが多く、「人」や「場所」をかなり特定した状態で、
誹謗中傷される投稿が多いです!

個人で爆サイの投稿削除依頼をする場合の注意点

爆サイ.comの運営会社に対して、個人が直接削除依頼をすることも可能です。

2ちゃんねるのように、削除依頼の際に依頼者本人の氏名を明らかにする必要がないため、削除依頼者の氏名が公開されてしまうといった心配はありません。

爆サイ.comの運営会社に対して、個人が直接削除依頼をすることも可能です。

2ちゃんねるのように、削除依頼の際に依頼者本人の氏名を明らかにする必要がないため、
削除依頼者の氏名が公開されてしまうといった心配はありません。

爆サイは狭いコミュニティ内での話題が多いことも関係し、
削除依頼内容だけから、閲覧者が削除依頼者が誰かを容易に
推測できることもある
ため、注意が必要です。

爆サイ.comの投稿を削除したい場合

自分で削除申請することもできます!

削除依頼は、各スレッドの下部にある「削除依頼フォーム」から申請できます。

画像

運営元に対して、個人でも削除依頼を出すことができますが、必ずしも受け入れられるとは限りません。

削除を希望する内容が、脅迫などの刑事事件に
関わるようなことであれば、早めに対応してもらえる
場合もありますが、単なる悪口や批判程度の場合、
そのまま放置されることも多々あります。

自分で削除申請する際の注意点

投稿ごとに削除依頼を行う必要があるため、複数の削除依頼を行う場合は、一括ではなく投稿ごとに行う必要がある。

投稿ごとに削除依頼を行う必要があるため、複数の削除依頼を行う場合は、
一括ではなく投稿ごとに行う必要がある。

爆サイ.comの規定には、下記のように記載されてます。

返事がすぐこないからといって何度も同じ削除依頼をすると、運営会社側に
業務妨害行為と判断される場合があります。
感情的にならず、適切な理由を記入して削除依頼するように心掛けてください。

個人での削除依頼が難しい理由

個人への誹謗中傷や批判が書かれても、それが特定の法人・個人の名誉毀損等
にあたるかどうかは判断が難しく、単なる意見や批評の範囲だと判断されると、
削除に応じてもらえないことも珍しくありません。

そのため

権利侵害について法的に論理立てた削除依頼の理由が必要になります。
しかし、法律に詳しくないとこの説明は難しく、拡散される前に早く削除したい
場合は、経験豊富な弁護士に依頼することをおすすめいたします。
弁護士に依頼すれば、削除依頼する理由についても、法的に運営会社を説得できる
内容で申請してもらうことができ、早期解決が期待できます。

爆サイ.comの投稿者を特定するには?

発信者情報開示請求

投稿者の特定

爆サイにおける誹謗中傷や名誉毀損にあたる書き込み内容の程度によっては、
投稿の削除だけでなく、損害賠償を求める場合もあると思います。

その場合投稿者を特定することが必要になります!

プロバイダ責任制限法に基づき、爆サイ.comの運営会社に対し、
投稿者のIPアドレス等の開示を請求します。
IPアドレスが判明した後は、投稿者が利用しているプロバイダに対し、投稿者の
住所や氏名について開示請求を行います。

投稿者を特定する発信者情報開示のためには、裁判所の仮処分をとる必要が
あるため、専門の弁護士に任せた方が早く発信者に辿り着くことができます。

投稿者の氏名等が判明した後は、投稿者に対する損害賠償請求の訴訟、または
示談交渉
になります!

弁護士に依頼した場合のメリット

早期解決が出来る!

爆サイ.comに個人情報を晒されたり、誹謗中傷などの投稿がされた場合、放置すると被害が拡大してしまうおそれがあります。
削除までの対応が早いほど、拡散する可能性が減るため、迅速に対応することが出来る専門の弁護士にご相談されることをおすすめします。

投稿者の特定が出来る

弁護士に依頼した場合、発信者情報開示請求による 情報開示の請求等ができます!
裁判所に仮処分を申し立てて、発信者情報開示命令を出してもらえた場合は、
プロバイダに対しても発信者情報開示請求ができるため、投稿者の特定ができます。

トラブルの回避

爆サイは、比較的狭いコミュニティ内での投稿が多いため、ご本人が相手方と対面して解決しようとした結果、さらなるトラブルにつながる可能性があります。
弁護士が交渉の窓口に立ち、法的措置を進めていけば、そのような危険性も減少します。

解決への見通しがたつ

経験のない方がご自身でご対応した場合、どれだけ時間がかかるのか見通しがたちませんが、弁護士に依頼すれば、いつまでに解決できるかおおよその見通しがたつため、不安が軽減します。